賃貸保証契約

保証人を立ててといわれ、身内がいない、両親が年老いていて等で、せっかく決めようと思った物件をあきらめなければならなかったことはありませんか?
そんな時、賃貸保証会社と契約いただくことによって、保証人に賃貸保証会社がなるというシステムです。
保証会社の審査があります
所定の書類にご記入下さい。

【必要書類】
◎本人確認の取れるもの(免許証・印鑑証明・健康保険証・パスポート・住基カードいずれか1つ)
◎銀行届け出印をご用意下さい。
★法人の場合 商業登記簿謄本(3ヶ月以内に取得)・公証人役場印のある定款
〇外国籍の方 外国人登録証明書(表裏)・登録原票記載事項証明書
審査内容及び保証会社により緊急連絡先か連帯保証人でお願いしています。
ご利用に際して
◎審査にはご希望に添えない場合がございますので、ご了承願います。
◎ご利用にあたっては、初回保証料、又更新時の費用がかかります。(保証会社毎条件が異なります)

★保証会社の審査の際、基本はご身内にて緊急連絡先でお一人立てて頂きますが
状況により保証人でお願いする場合もあります。
親族以外の場合は、申込時にてご相談下さい。

-保証会社利用で連帯保証人をお願いしたい理由-
保証会社は、基本は家賃保証でありそれ以外の保証はありません。
近隣トラブルでどうにもならない場合や退去時の現状回復費用などとても重要な立場になるし
かなり重い責任を負う事になります。
当然自主的に降りることはできませんし連帯保証人の自覚のない契約はできません。
このページのTOPへ